オトナ恋愛テクニック

彼女をご機嫌にさせる恋愛トーク術!女性を会話で笑わせる3ステップ

K
K
いらっしゃいませ!!

女性を笑わせる…

彼女との会話を盛り上げるための『笑い』とは、恋愛必須アイテム。

普段の何気ない会話を交わしながら、彼女の笑顔を引き出す。

2人で笑い合う楽しい時間が、お互いの恋に熱量を与えるガソリンとなる。

つまり・・・

女性を笑わせることができれば『勝ち』

自然な流れで2人の愛がビュンビュン加速する。

妙な小細工を使うよりも王道、且つ、近道。

あの子の『今』が、すぐ欲しい?

それなら彼女と楽しい会話をすればいい。

それだけで思いの外、早く手に入るだろう。

だが・・・

それが簡単にできれば悩む必要はないってもんだ。

そもそも大好きな女性を、腹が痛くなるほど笑わせてあげることができれば苦労はない。

違うだろうか?

そもそも彼女に何と声をかけていいのやら…

女性との会話で悩んでいないだろうか?

俺は、なんて口下手野郎なんだ…

大好きな彼女を前にすると、どこか普段とは違ってしまう。

緊張してるのか?

それも多少あるだろう。

しかし・・・

どうしたことか、会話が全然弾まない。

まるで空気の抜けたブヨブヨのバスケットボールみたいに、彼女との会話が弾まない。

あぁぁぁぁ。

どうしたら君は、愛おしい笑顔を見せてくれるんだ…

男性
男性
会話が弾まなくて…
男性
男性
愛想笑いが、いたたまれなくて…
K
K
女性の無表情はツラいですよね

大好きな女性と会話をする。

男にとって夢のような時間なのは間違いない。

だけど・・・

会話が弾まない。

それも全然、弾まない。

そして、その場が終わり、時間が経ち、1人の時間にふと思う。

(あぁ〜、あの時、こうやって言えば良かった…)

男性
男性
あるよ、それ!
K
K
後から思いつくんですよね

では、今回!!

あなたに、彼女をご機嫌にさせる恋愛トーク術をお伝えします。

そして今回は相手の女性を『笑わせる』ことに特化します。

女性を会話で笑わせる3ステップ。

この3ステップを今回、あなたが理解した途端に、もう彼女との会話で『しーん』となる心配をすることがなくなります。

(なんか会話が弾まないなぁ…)

そんな風に落ち込むことだって、なくなる。

男性
男性
もう落ち込みたくないよ…

落ち込む所か・・・

彼女の方から、あなたに積極的に話しかけてくるようになります。

なぜか?

あなたの話の続きが聞きたくて、聞きたくてしょうがないからです。

「ねぇ、ねぇ、◯◯君、ちょっと一緒に話さない?」

そんな風に、彼女の方からあなたを会話に誘ってくる。

男性
男性
嬉しいなぁ…

(いつ声をかけよう…)

獲物を狙う肉食獣のように、物陰から気になるあの子のスキを待ち構える必要もなくなるんです。

ですが・・・

今回の女性を笑わせる3ステップを知らないままだと…

(よしっ、今だ!!)

あなたは、ここぞとばかりにタイミングを見計らい、満を持して彼女に声をかける。

数少ない貴重なチャンス。

それでも、何とかして彼女との会話にこぎつけた。

が。

「うん、うん、…」

彼女との会話がすぐに途切れてしまう。

(あ〜、せっかく話せたのに…)

会話の話題が見つからないで、まるで迷子になってしまう。

男性
男性
これはショックだな…

「じゃあっ!」

彼女との会話が弾むことなく、彼女は違う男の元へ姿を消していく。

男性
男性
俺の元から離れないでくれ…

会話が盛り上がらない、会話が続かない、会話が弾まない。

それでは、気になるあの子を一生『彼女』にする日は来ない。

そして彼女は他の誰かの『彼女』になる。

残念だが、振り出しだ。

人生ゲームで言えば『最初に戻る』ってやつだろう。

(出会いがないんだよなぁ…)
(あぁ〜、俺も彼女が欲しいなぁ…)

いつになったら、この悩みが消えるのだろうか…

男性
男性
最悪だ…

そうならないためにも!!

今回あなたは、彼女をご機嫌にさせる恋愛トーク術を、ここで理解しておいて下さい。

そして。

女性を会話で笑わせる3ステップ。

完全にインストールしておいて下さいね。

K
K
一緒にやりましょう

なので。

あなたには今後、大好きな彼女と楽しい会話をしているイメージをしながら、

ぜひ最後まで、楽しみながらお読み頂ければと思います。

男性
男性
よし、俺はマスターするぞ

女性を笑わせたら勝ち

女性との会話で、イマイチ盛り上がらない。

「あははは〜、そうだよね〜」

あなたの目の前の彼女が愛想笑い。

彼女の表情と声のトーンで伝わってくる『退屈』の2文字。

(あぁ…もっと上手に話せたらな…)

男性
男性
悩んでるんだよ…
K
K
虚しい気持ちになりますよね

まだそれほど親密になってない女性と、あなたが会話をする時。

まず最初は・・・

真面目な雰囲気でアプローチが始まりますよね。

もちろん会話の内容も真面目でお堅い内容。

もしくは。

仕事の話、業務上必要な最低限の話題。

K
K
まずは、ここからの勝負ですよね
男性
男性
そうだな

そこから次第に、女性との人間関係ができてきて、多少プライベートな話題もちょこちょこ出るようになる。

砕けた雰囲気に持っていこう。

そんな具合ですよね。

男性
男性
そうだよ
K
K
まず、ここなんですよ

ほとんどの男性は『出だし』で間違ってしまうんです。

何事もスタートが肝心って言いますよね。

最初に壁を作ってはいけない

最初に固い雰囲気で、真面目な感じで女性と接してしまうと、その後が大変。

お堅い感じから、フレンドリーな感じに持っていくのが難しいんです。

男性
男性
でも仕方なくないか?
K
K
まず最初に攻めるんです

つまり。

順番が逆なんです。

まず最初に、相手の女性とフレンドリーな空気感を作ってしまう。

K
K
スタートが大事なんです
男性
男性
スタートから間違ってたのか…

恋愛トークは最初にカッ飛ばすんです。

「初めまして」

で、相手の女性と出会った瞬間に、気さくな空気感を『最初に』作り上げてしまう。

あなたと彼女との関係、2人の雰囲気を『最初に』フランクにするんです。

お堅い自己紹介から始めない

礼儀正しく、息の詰まるような感じで2人の人間関係がスタートしたら、そこからフレンドリーに持っていくのは、

なかなか至難の技。

男性
男性
じゃ、うぃーすっ的な感じか?
K
K
えっと、誤解してほしくないんですが…

チャラくいきましょう。

では、ないですからね。

しっかりするところは、もちろんする。

ただし・・・

最初にガッチガチに固まった雰囲気を作ってしまうと、その後に支障をきたすんです。

「いや、俺はそこから彼女と仲良くなるんだ!」

できる人は問題ないと思います。

でも、結構、難しいですよね。

男性
男性
難しいよ…

なので最初に出会った時。

笑顔でニコニコ、フレンドリーに相手の女性に話しかける。

(あっ、この人って話しやすいなっ!)

そんな風に、相手の女性に感じてもらえるように、最初が大事なんです。

K
K
まず、これが大前提です
男性
男性
分かった

では、ここから少し具体的にいきましょう。

お笑い芸人からちょっと学ぶ

ここで参考になるのが『お笑い』ですよね。

僕はすべらない話が好きなんですが…

男性
男性
いや、聞いてねぇよ
K
K
失礼しました

えっと。

では、気を取り直して。

お笑いって『ボケ』と『ツッコミ』の2つありますよね。

漫才とかで、片方の芸人さんがボケる。

何か、おかしな発言をする。

そしたら、もう片方の芸人さんが、その間違いを指摘してツッコム。

で。

お客さんが、ドカーンと笑う。

K
K
お笑いですよね
男性
男性
知ってるよ

ここからなんですが。

女性との会話の時に、お笑いで言う所の『ツッコミ』をするんです。

別に、あなたの目の前にいる女性がボケてるわけじゃない。

だけど、あえて女性に『ツッコミ』を入れる。

男性
男性
何で、ツッコミなんだよ…

では、その理由をお話しします。

ツッコミを効果的に使う

あなたが女性と会話をする中で、なぜ『ツッコミ』をするのか。

何で『ツッコミ』が大切なのか。

K
K
まず!!

人間は、褒められることが大好きです。

よね?

あなたも誰かに褒められたら、悪い気はしないですよね。

というか、嬉しいですよね。

男性
男性
まぁ、そうだな

特に女性は、男性よりも数倍、楽しいことに『敏感』です。

『ビン』『缶』

ではなく!!

女性は『敏感』なんですよ。

男性
男性
はい、はい…
K
K
かなり重要なこと言います

女性は常に自分が『いい感情』になるような状況に置かれることを無意識レベルで望んでいるんです。

望むを通り越して、渇望してると言っても良いです。

しかし・・・

女性を、過剰に褒めすぎて、ノセ過ぎても裏目に出てしまいます。

(なんか、この人、お世辞ばっかり…)

とか。

褒め過ぎると、制御不能な状態になる危険性もあります。

K
K
まず、ここまでOKですか?
男性
男性
はいよ

だからといって、女性に強い否定は絶対ダメ!!

本当に、やっちゃダメ!!

あなたの目の前にいる女性の気持ちが一旦、損ねてしまったら、もうめったなことでは気持ちが戻ることはないです。

男性
男性
バランス感覚だな
男性
男性
難しいな…
K
K
そこで!!

女性に『ツッコミ』を効果的に使うんです。

女性のテンションが上がってきたら…

あなたが女性と会話をしていて…

(あ、かなりご機嫌になってきたな)

そんな風に感じた時に。

軽く頭をポンッと叩くようなツッコミを入れるんです。

K
K
実際に叩くわけじゃないですよ
男性
男性
そういう、ツッコミってことだろ
K
K
そうです

女性のテンションがアゲアゲ、このままだと天井を貫いて、天まで登る勢いだって時に。

あなたはツッコム!!

これで、女性との会話に緩急をつけていくんです。

男性
男性
なるほどな

ツッコミは料理で言う所の『スパイス』的な存在でしょう。

ツッコミを上手に活用することで、会話が格段にイキイキします。

そして。

あなたがその場の主導権をガッチリ握れる。

イニシアチブを鷲掴み状態。

K
K
主導権を握れば、こっちのもんです

あなたが女性にセンスのいいツッコミを重ねていけば…

(も〜、この人には敵わないわっ!)

女性の心に、そんな感情が芽生え始めます。

ツッコミを会話の中で上手に使えば、相手の女性は、あなたの言うことを聞き入れてくれるようになっていくんです。

男性
男性
ツッコミか!
K
K
ぜひ試してみて下さい

彼女をトークで笑わせる3ステップ

では、ここまでの話で『ツッコミ』が女性との会話で重要な要素になることは、もう理解できたと思います。

K
K
じゃ、大事なこと言います

『女性を笑わせたら勝ち』

この精神を持っておくと、いい感じです。

あなたのコミュニケーション能力がグンッと上がると思います。

男性
男性
笑わせるんだな
K
K
そうです

常に相手の女性の感情を『いい感情』にすることを心がけておく。

これが本質です。

今回の話は『いい感情』の中でも、楽しいという感情ですよね。

そのために『ツッコミ』を効果的に使っていきます。

K
K
では実践編です

Step1:女性の話に共感しながら褒める

まず。

ステップ1『女性の話に共感しながら褒める』

です。

人間関係やコミュニケーションで、とっても重要な要素が『共感』です。

K
K
大事なこと言います

人は共感できない相手のことは好きになれない。

つまり。

女性との会話では常に『共感』することを心がけて下さい。

男性
男性
共感をするんだな

できれば、相手の女性の感情の部分に共感してあげる。

そして。

「分かるよ」のひと言を、しっかり言う。

相手の女性が、あなたに共感してもらえたと感じる必要があります。

K
K
もう一個大事なことです

理解してるだけではパワーがない。

理解したことが相手に伝わって、初めてパワーを持つ。

いいですか?

あなたが1人で、相手の女性のことを理解してあげた『だけ』じゃ、何もパワーがないんですよ。

つまり無意味なんです。

ですが!!

あなたが理解したことを、相手の女性に伝わった時に…

(あっ、この人、私のこと分かってくれてるっ!)

そう、あなたの目の前で話している彼女が感じた時に、初めてパワーを持つんです。

K
K
伝えるんです

しっかりと『俺は理解したよ』ってことを、相手の女性に伝えて下さい。

男性
男性
伝わらなきゃダメなんだな

そして。

女性の話に共感しながら、彼女のことを褒めてあげて下さい。

人間は褒められるのが大好きだって、さっき言いましたよね。

だから。

相手の女性を褒めてあげて下さいね。

男性
男性
褒めるんだな

Step2:彼女をご機嫌にする

まず、ステップ1で、女性と会話をしながら、相手の話に共感する。

そして適度に、彼女のことを褒めてあげる。

すると…

あなたの目の前にいる女性はだんだん気分をよくしていきますよね。

男性
男性
そうだな

ステップ2『彼女をご機嫌にする』

です。

ここで、彼女のテンションを上げてあげるんです。

つまり。

相手の気分をよくさせてあげるんです。

K
K
もっと言うと

女性の感情を『いい感情』にしてあげて、テンションを上げてあげるんです。

ここが大事です。

Step3:女性にツッコミを入れる

まず、あなたはステップ1で、女性と会話をする。

そこで共感しながら、相手を褒めながら。

ステップ2で、女性のテンションを上げる。

K
K
ここまではOKですね
男性
男性
もちのろんだ

そしたら最後のステップです。

ステップ3『女性にツッコミを入れる』

です。

あなたと一緒に、いい気分で話している相手の女性のテンションが、いい具合に上がってきた所で…

あなたがツッコム!!

そして2人の間に笑いが生まれる。

楽しい時間になる。

K
K
これを繰り返します
男性
男性
繰り返すんだな

女性のテンションを上げて、ツッコム。

彼女のテンションを上げて、ツッコム。

とにかく『リピート』

何度も何度も、繰り返して、あなたと彼女は楽しく笑い合って、会話がどんどん弾んでいく。

相手の女性を笑わせたら勝ち。

K
K
ぜひ試してみて下さいね

まとめ

今回は、彼女をご機嫌にさせるトーク術をお話ししました。

そして。

実践編では、女性を会話で笑わせる3ステップについて、お伝えしました。

K
K
あと大事なこと

『女性を笑わせたら勝ち』

今回あなたには、せっかく記事をここまで読んでもらったので、せめてこの考え方だけは持ち帰って欲しいと思います。

何やら、せこい小細工を使って、女性をオトそう…

それも、いいんですが、その前に!!

あなたの目の前にいる女性を笑わせてあげて、あなたも一緒に彼女と楽しい時間を過ごして下さい。

きっと彼女との恋愛が急展開を迎える日も、そう遠くはないでしょう。

彼女は、あなたの話の続きを聞きたくて、積極的にあなたに話しかけてくるようになります。

今日のチャレンジ

K
K
では、お待ちかね…

『今日のチャレンジ』です。

みさと
みさと
会話は大事よ!
K
K
本当だよね

今回あなたに『恋愛トーク』のお話しをしました。

ここまでの内容を、あなたがしっかり理解していれば…

「会話でツッコミを入れると盛り上がるんだな!」

きっと分かったと思います。

そうた
そうた
実は、ツッコミ得意なんだよ
K
K
おっ、いいね〜

ですが・・・

実際の生活で、あなたが好きな女性に『ツッコミ』を入れなかったら、彼女と仲良くなる所か、

会話すら盛り上がらず、人間関係すらできないですよね。

それでは、大好きな相手に告白なんて、夢のまた夢物語ですよね。

2人で付き合って、記念日にはお祝い。

長期の休みには、2人で観光地へ旅行。

できないですよね!!

全部できないですよね!!

みさと
みさと
デートできないなんて悲しいわ

ですが・・・

あなたは違いますよね?

あなたは『やる男』ですよね。

好きな相手との会話を弾ませて、彼女と仲良くなって、一緒に2人で笑い合う男ですよね。

K
K
だからやりましょ

今日のチャレンジは必ずやりましょ。

そうた
そうた
練習あるのみだな
K
K
今日は…

女性と会話してる時に、ツッコミを入れてみる。

です。

もしかしたら最初は『スベる』かもしれません。

もしかしたら失敗してしまうかもしれません。

K
K
ちょっとポイントです

僕が女性との会話で意識してることが1つあるので、ここでシェアしたいと思います。

ツッコミとは少し違うんですが、女性との全ての会話で使える要素です。

『ちょっと強い単語を使う』

です。

みさと
みさと
Kさんの話って面白いんだよね
K
K
まぁ秘密はコレなんだけどね
そうた
そうた
なるほど勉強になるな

強い単語を使うんです。

例えばですよ。

例えば・・・

「昨日さ、変な人見たんだよね〜」

K
K
これでも別にいいんですが…

「昨日さ、変な人目撃したんだよね〜」

『見た』と『目撃』

意味は同じだけど、目撃の方が、ちょっと強い印象を受けますよね。

例えば・・・

「なんか今の話で、◯◯ちゃんの本性が分かったわ〜」

じゃなくて、

「なんか今の話で、◯◯ちゃんの本性があらわになったわ〜」

K
K
とかです

意味は同じだけど、強い印象を受けるような単語を、言葉の中に盛り込んでいくんです。

会話は、つまり。

単語と単語の羅列ですよね。

眠たい単語をズラズラ並べると『退屈』だと感じるんです。

ですが。

強烈な単語をバンバン並べると『面白い』と感じるんです。

ちょっと強い単語を、あなたも今日から使ってみて下さい。

これは結構、個人的には秘密の鍵って感じの内容です。

そして、何事も実践あるのみです。

最後までお読み頂き
本当にありがとうございました。

K
K
あなたの人生に素敵な愛があふれますように

KIYORA Group
オトナ恋愛アカデミー塾長
K

P.S.あなたへ贈ります

今回は、

最後まで記事をお読み頂き
ありがとうございました。

渡邊堅太
渡邊堅太
ありがとうございます

KIYORA Group代表責任者
渡邊堅太です。

で、

話を戻しますが・・・

ただ単に記事を読んだ『だけ』では
あなたの人生は何1つ変わりません…

…よね?

例えば、

・ギラギラ目付きで情報収集に精を出す
・真新しい知識をカリカリ勉強してみる
・尊敬する人の話を聞いて刺激を受ける

etc…

いつでも『勉強』ってヤツは
やってるだけで楽しい代物。

要するに、

『勉強』とは
一種の麻薬なワケで…

・中毒性や依存性を秘めた代物
・刺激的なエンターテイメント
・自己満足感に浸れる娯楽活動

それこそ、

「オレは、本を1日1冊読んでるぜ!」
「アタシは、毎日1冊読書してるわ!」

と、

自慢げに自己アピールしちゃってる
上昇志向気取りな『カンチ野郎』を
たまに見かけることがありますが…

1日1冊なんて
自慢にならねぇよ?

違いますか?

だって…

Step1:
本を読んで今までの自分には無かった
新しい『何か』と運命的に出会う

Step2:
新しい『何か』を自分なりに噛み砕いて
消化吸収しながら頭の中を整理整頓する

Step3:
まだ単なる知識でしかない『何か』を
実際の生活で使って試してみる

Step4:
何かしらの結果を得ることができた
(大抵は失敗だけど、それでイイ。)

Step4まで実行し終えて
ようやく勉強が成立する。

それこそ『勉強した内容』を
実際に活かして使わない限り、

ソイツの人生は、

何1つとして
変わりゃしねぇ…

ですよね?

かくゆう僕自身も、

勉強トラップの
餌食になることが多い

のですが、

どうしても僕たち人間ってヤツは
すぐに勉強した気になってしまう。

新しいコトを知った後は決まって
多少の満足感に浸るだけ…で終了。

結局!!

明日には『今』勉強した内容なんて
洗いざらい忘れてしまっているモノ。

最終的に、たどり着く場所は?

無限の可能性を秘めた人生は
何1つとして変わらないままで
永遠の『横ばい』を維持し続け、

いつも通りの生活に
どーせ逆戻り

なんて、ダラシねぇ落ち。

まず!!

僕たちが知っておくべき事実は
新しく学んだ内容の『約67%』を
たった1日で、脳は忘れてしまう。

コレは科学的にも証明されている
ちょっぴり悲しい事実なのです。

もっと突っ込んで高圧的に物申すと
たった今、あなたが知った知識は、

1時間後には
約56%を忘れてる

と、科学的には証明済み。

結果的に…

「オレは、もう知ってるぞ!」
「私は、もう知ってるわよ!」

そんな『頭デッカチ』な連中が
そこら中を、我が物顔で堂々と
ウロウロ歩き回っているワケ…

ですが!!

あなたは違いますよね?

当然ですが・・・

ハナから使いもしない知識をかき集めて
ワイワイ騒いぐような低脳な評論家では
決してないはずです。

周りの連中に対しては
厳しいヤジを飛ばして、

自分じゃ何もできねぇ
愚かな傍観者じゃない

と思います。

まず、究極の記憶術とは
新しく学んだコトは即座に
『アウトプット』すること。

鼻から吸った空気は
口から吐き出すように

・インプット(新しいことを知る)
・アウトプット(知ったことをやる)

この2つの絶妙なバランス感覚が
僕たち人間には求められている。

なので!!

今回の記事で新しく知った内容や
読んで感じた気持ちなどを実際に
あなた自身の言葉に進化させて、

『アウトプット』してみて下さい。

たったこれだけで、

あなたの『記憶力・学習能力』は
飛躍的にガツンッと急上昇します。

ご世間様では、一般的に・・・

有象無象99%は負け組
選ばれし1%が勝ち組

なんて風に表現する人が大勢います。

・その他大勢の負け犬
・大多数派の小市民共

どう考えても、負け組の方が
圧倒的に『数』が膨大で多い。

なぜ世の中には
『負け犬』が多いのか?

なぜなら・・・

変化を過剰に嫌う99.99%の連中は
常にインプットだけで終わらせます。

つまり…

✔︎もしも万が一に
✔︎もしも億が一に
✔︎もしも兆が一に

那由他が一に、たった今あなたが…

・みんなと同じ思考回路でいる
・周りの連中と同じ行動パターン

をしているのであれば言うまでもなく
晴れて負け組の仲間入りってワケです。

いつでも人生を変えることができる
数少ない限られた『1%』の人々は、

みんなと違う
『行動』をしている

ただ、それだけ。

だからこそ、少数派『1%』に
入り込むことが可能なワケで、

もしも今、あなたが1%の勝ち組に
のし上がりたいと渇望しているなら
その方法は『至極シンプル』です。

・周りの連中とは違う思考法をする
・みんなと違う行動パターンをする

それだけで、OKオーライ。

ぜひ、

ここまで読んでくれた
あなた『だけ』は…

この千載一遇のチャンスを利用して
不平不満ばかり漏らしている連中と
違った行動に踏み出してみて下さい。

常人が面倒臭がって絶対にやらない
アウトプットする圧倒的『習慣』を
あなたは今ここで身に付けて下さい。

まず手始めに・・・

今あなたが読んだ記事の感想を
『あなたなりの言葉』に出して
アウトプットしてみて下さい。

ごく普通の99.99%の人たちは
感想を書く集中力もありません。

そして残念ながら…

死ぬまで、おのが生涯を、

国の制度がダメなんだ…
ケチな会社が悪りぃ…

と、グチグチ文句をこぼしながら
命を浪費するハメに陥るワケです。

しかし、あなたは違う。

(※普通の人は、ここまで読まない。)

たった今、周りに気付かれず
あなたは新しく生まれ変わる。

あなたは秘密裏に一歩を踏み出して
人生を変える『勝ち組』に進化する。

世の中に『ウジ虫』のごとく
はびこる99.99%の負け犬は、

なぜ突然『あなた』が
急成長を遂げたのか?

その理由に気づくことができず、

・モタモタ困惑する
・ネチネチ嫉妬する

それしか、なす術がないのです。

あなたが使えるモノはAからZまで
最大限に使い倒して利用して下さい。

 

 

あなたの素敵な人生が
もっとキラキラ輝きますように。

心を込めて。

渡邊堅太
渡邊堅太
ありがとうございました